湯舟のなかで思いついたことは風呂場を出るころには薄れている。浴槽にはメモも携帯も持ち込めないのはもったいない。腑抜けた頭がもどかしい。

時間って本当に平等なの、って誰かに問い詰めたくなる。うまく扱えないのは私が足らないからなのに