いやいや病

 いやいや。したくない現実見たくない。幼児みたいな本能を制御できず自分を追い込んでる。でも完全に忘れて楽にはなれない。中途半端なのだ。唇と耳朶揉みこんで顔を撫でまわして審判を待つ。自分で決断することなんてできそうにない。